公共の場での乗り物ルール

デパートや駅構内などの公共の場では、守らなければならないルールがあります。

例えば、エレベーターを待つときは、ドアの正面ではなく壁際に立って降りる人の邪魔にならないようにするのが普通です。
また、乗り降りは降りる人が優先です。
ドアが開き、まだ全員が降りきらないうちに乗り込むのはマナー違反なので注意しましょう。
乗ったら利用階のボタンを押し、中へ進みます。
エレベーター内でのおしゃべりは、まわりの人に迷惑なので慎みましょう。

エスカレーターに乗るときは、片側に一例に並びます。
急ぐ人のために、もう一方は空けておきましょう。

普段、何気なく乗車している電車では、礼儀もおざなりになってしまいがちです。
さまざまな人が利用する電車や駅のホームでは、周囲への心づかいを忘れずに、気持ちよく過ごせるよう心がけましょう。
電車も降りる人が先、乗る人があと、が基本です。
混雑時は出入りも激しいので、扉付近にいる人は、一度ホームに降りて入り口を空けておくのがマナーです。
大きな荷物は網棚へ置き、リュックなどは邪魔にならないように持ちましょう。

Just another WordPress site